梅雨でもカビの心配がない家

今年の梅雨は長いですね。
ジメジメが続くとカビが心配です。
こんな時期でもカビの心配がない家をご紹介します。

カビは湿気が大好き
梅雨のこの時期は雨が降らなくても湿度が高いです。
雨が続き洗濯物を外に干せなくなると、湿気が室内にこもりますね。
カビは気温20度~30度を好み、25度~28度が一番繁殖しやすく、
湿度60%以上で活発に活動を始め、80%以上で一気に繁殖します。
まさに梅雨のこの時期はカビの繁殖条件が揃うのです。

冬でもカビは発生
最近の住宅は冬でも暖かく室温は高いです。
室内は住む人の体から出る水分や、
お料理・洗濯・お風呂などでも水分が出ます。
これらの水分が室内にこもると湿度が高くなり、
窓などの冷たい部分に触れて結露になります。
ビニールクロス貼りの気密が高い住宅では、
湿気の逃げ場がなく室内にこもりがちです。
だから換気扇を回さないと高温多湿になり、
冬でもカビの繁殖条件が揃うんです。

カビの繁殖を抑える家
現在家を建てるには、換気システム取付が義務付けられています。
これは高気密高断熱が進み、室内の空気環境が悪くなり、
シックハウス症候群という問題が起こったためです。
室内の湿気だけでなく、ホルムアルデヒドなどの化学物質を
換気システムで屋外へ排出しなければ健康を害するのです。

イトウビルドでも換気システムは取り付けます。
法律は守ります。
でも、換気システムを止めてもいい家をつくります。

通常使われるビニールクロスをコットンクロスに変えます。
そうすると室内の湿気が壁の中に抜けるんです。

壁の中には空間があり、床下から屋根まで「空気の通り道」があります。
壁に抜けた湿気は、その「空気の通り道」を通り屋外へ排出されます。
また、化学物質や臭いの分子は湿気にくっつく性質があり、
湿気と一緒に屋外へ排出され、室内はいつでもクリーンになります。
これは電気などを使わないゼロエネルギーのシステムなんです。

きれいな空気体感できます
このシステムを採用したモデル住宅を公開しています。
新築特有の臭いとは違うクリーンな空気を体感してみませんか。

換気扇を止めてもカビの心配がなく、クリーンな空気環境。
部屋干しでも洗濯物が良く乾き、イヤな臭いがしないなど。
モデル住宅で詳しいシステムの仕組みがわかると思います。

モデル住宅はいつでもご案内できます。
事前にお電話かメールでご希望日時のご予約をお願いします。

モデル住宅は「大館市東台4丁目2-17」です。
詳しくは → http://itobuild.co.jp/?page_id=9214