【呼吸する家(通気断熱WB工法)】

moji2
title5-2

人間は気管支呼吸と皮膚呼吸をして生きています。
気管支呼吸は空気を体内に取込み、皮膚呼吸は汗を流すことで老廃物を出し、体調を調節しています。

その人間が住むわけですから、家も人も同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。

気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出する。
その二つの呼吸で室内の有害物質を排出し、クリーンな室内環境を作り出します。

kokyuu
baby

子供基準の優しい家

お家が自分で呼吸するので、お家が丸ごと空気清浄機に!
だからいつも空気がきれい!
  ・カビ、ダニ知らず
  ・シックハウス症候群をおこさない

title6-2

natuhuyu

室内の壁を透湿性の材料を使用することにより湿気、ホルムアルデヒドなどの化学物質、臭気を透湿壁から通気層を経由して屋外に排出します。

化学物質や臭気は室内の湿気と結びついて浮遊しているので、湿気と同時に透湿壁から排出されるのです。

換気口は熱感知式形状記憶合金を採用し、自然の温度を感知して自動的に開閉します。

title7-2

  gazou3

 WB工法は大がかりな機械換気装置を使わない自然な換気です。

そのため夏は「日陰の涼しさ」冬は「セーターを着たあたたかさ」となっています。

穏やかな気温で、湿度が55%以下に保たれる爽やかな室内空気の中で自然な暮らしができます。

title3-3
自然な通気を実現するカギは
透過するという発想。

tousitsukabe4

 

伝統的な家づくりの中に
そのヒントがありました。

現代の住宅が抱える弊害、シックハウス症候群を解決する方法が、日本風土に適している伝統的な家づくりの中にありました。

「故きを温ねて新しきを知る」、まさに温故知新の考え方でWB工法が着目したのは、土壁の原理です。
土壁は耐火性や吸湿性に優れ、昔から日本建築にかかせないものでした。

この土壁のメリットを応用して、化学物質を湿気と共に壁から透過させる発想。
通気断熱WB工法の誇る、安全のポイントです。

title9-2

datsu_keturo

datsu_kagakubusshitu

satsu_seikatushuu

datsu_ene

 

title8-2

 アトピーやぜん息、アレルギーで困っている方
 結露やカビ・ダニに困っている方
 ホルムアルデヒドなどの化学物質に敏感な方
 ペット臭や生活臭を抑えたいと思っている方
 ご家族の健康を守り、家を長持ちさせたい方
 冷暖房や換気扇など光熱費を抑えたい方

chara

に1つでもチェックが入ったらご来店・ご相談ください

shiryouseikyuu2 koushiki_hp