【 風と光 】

 自然は、光と風の中にあり人も自然の物もので太陽の光と風が必要 なのです。住宅も当然、光と風と共存し自然にマッチしてこそ、住まい なのです。単に建物としてではなく、人と自然に優しい建物でなければ 住まいとは言えません。住まいは、太陽の恵みと自然の風で育てられた、 天然素材が多用されており、その地域の自然と環境に合ったデザインで、 地域を和ませる住宅が一番だと思います。住宅の寿命も自然に受け入れ られたものが長寿化されていきます。

 住まいを考える時、使い勝手の動線や今の生活での間取りだけに こだわらず、いかに住む人が自然の光や風とも共有し、建物が自然 と合っているかも考えていかなければならないと思います。

 住まいには太陽の光や自然の風が、十分取り入れられるための工夫 が必要です。自然の中で生きている人が、自然から隔離された環境で 健康的な営みはできません。出来るかぎり可能な範囲において、自然 との共有を考えてほしいと思います。コストの追求と性能数値にこだ わるあまり、自然との共有を忘れてしまってはいけないと思います。

 

 

資料請求・お問合せ

 

 

本物とは何か 一覧に戻る 家づくりは巣づくり